棚田の里親になりました

新潟妻有にある棚田の里親になりました。

4年目は、お米の生産についても学びたい

生産地にも足を運んでお米の魅力をもっと知りたいと思っています。

マルシェの会場だったminoyaさんの皆さんが棚田の里親として棚田を支援されているとお話を伺いました。

皆さんの棚田で収穫されたお米も販売されてました。(お洒落なラベル)

いいな! 私もやってみたい!と思い、「エリタージュ 3周年記念」に申し込みしてみることに!

少ない支援ですが、エリタージュ の売り上げの一部をこうして「お米の産地」に還元できることが嬉しいです。

小さな事業だけれど、開業した者として、こうして社会にささやかでもお役に立つことは開業時の夢でもありました。

年々、寄付額を増やしていけたらいいな。

来年の収穫分のお米がこちらに送られてくるそうで、今から楽しみ!

田植えや稲刈りなどのお手伝いにも行けるようで、来年の楽しみが増えました。

棚田はお米の生産だけでなく、自然を守るために大切な役割をしているそうですが、維持をしていくにはお金もかかるようです。まだまだ知らないことばかり。もっと勉強しよう。

エリタージュ を応援してくださっている皆様のおかげで寄付ができました。ありがとうございます。

前の記事

本とケーキ屋さん

次の記事

リンツァートルテ